l バラ苗通販ガイド

イングリッシュローズを検索(ハ~ホ)


  • ハイド・ホール Hyde Hall (イングリッシュローズ)

     大型のシュラブ樹形に育つバラです。
     アーチやフェンスへも有効的に使うことができます。
     花は中輪で、大きく育つ品種にしては良く咲きます。
     ハイド・ホールを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:2004年|樹高:1.5m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:ロゼット咲き | 花色:ピンク | 香り:中香 | 樹勢:★★★★


  • バスシーバ Bathsheba (イングリッシュローズ)

     細長くエレガントなアプリコットイエローのつぼみが開くと、無数の花弁が密集したクラシカルなシャローカップ咲きの10cm程度の花になります。
     美しく混ざり合った花色が魅力的なバラです。
     花弁の先端はほのかにアプリコットピンク色を帯びており、裏側が美しいソフトイエローであるため、全体的にリッチなアプリコットの印象を与えます。
     クリーム色をした外側の花弁は、光の輪のような美しい効果を生み出します。
     ほのかにはちみつを感じさせる、美しくバランスの取れた温かみのあるミルラの芳香は、花が咲き進むにつれて、ティー系の香りに変化していきます。
     バスシーバを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:|樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:八重咲き | 花色:アプリコットピンク | 香り:強香(ミクラ系とティー系) | 樹勢:★★★


  • バター・カップ Butter Cup (イングリッシュローズ)

     半八重で小さな黄金色のたくさんの花が咲きます。
     長くほっそりしたアーチ状の枝上に広がっていきます。
     バター・カップを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:1998年|樹高:1.4m | 樹形:木立 | 花形:カップ(中輪)咲き | 花色:黄色 | 香り:強香(ティー系にフルーツ系) | 樹勢:★★


  • パット・オースチン Pat Austin (イングリッシュローズ)

     グラハムトーマスのくっきりとした色合い(色は違いますが)と、アブラハムダービーの反復開花性を引き継いだ、オースチン育種品種の中で、異才を放つバラです。
     銅色がかったオレンジの色合いは、ひと際目を引き、ややうつむき加減にさく様は、とても美しい!
     パット・オースチンを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:1995年|樹高:1.3m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:カップ咲き | 花色:鮮オレンジ | 香り:強香(ティー系) | 樹勢:★★★


  • バーバラ・オースチン Barbara Austin (イングリッシュローズ)

     花はブラッシュピンク色で強いオールドローズとライラックの香りを持ちます。
     オールドローズ状の花です。
     バーバラ・オースチンを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:1997年|樹高:2.0m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:ロゼット(中輪)咲き | 花色:ピンク | 香り:強香(オールドローズ系とライラック系) | 樹勢:★★★


  • ハーロウ・カー Harlow Carr (イングリッシュローズ)

     ベランダなどでも育てやすいコンパクトなイングリッシュローズ。
     鉢植えにも最適です☆
     ロゼット咲きの可愛らしい花が房咲きになり、満開時はとても見事な株になります♪
     ただ可愛らしいだけでなく、茎や花等かなり初期オールドローズの形質を残しているので、オールドローズ風四季咲きバラを探しているなら特におすすめ!
     病気にも強く育てやすいので、
     コンパクト中輪系のERなら断然店長おすすめです♪
     ハーロウ・カーを楽天で検索
    ハーロー・カーを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:2004年|樹高:1.2m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:ロゼット(中輪)咲き | 花色:ローズピンク | 香り:強香(ダマスク系にハーブ系) | 樹勢:★★★


  • ファイティング・テメレア Fighting Temeraire (イングリッシュローズ)

     「ファイティング・テメレア」は、ほとんどのイングリッシュ・ローズとは明らかに違う特徴を持ったバラですが、美しさという点だけでなく、実用性という点でもコレクションに加えるに相応しいバラです。
     四季咲き性も強く、花は完全に開き切ると10-12cmほどの大輪になり、花弁はわずか10枚ほどです。
     リッチなアプリコットの色あいで、しべの後ろに黄みがかった部分があります。
     時間がたつにつれて、色は柔らかいイエローアプリコットに変化します。
     蕾は、赤みがかった色合いで、葉と枝も若い時期はつぼみと同じく赤みがかり、全体的に統一された雰囲気を醸し出します。
     「ファイティング・テメレア」は非常に丈夫なバラで、2、3年の間には魅力的な丸みを帯びたシュラブを形成し、大きな花がかたまりのように咲きます。
     おそらく上質のつるばらとしても使用できると思われます。
     香りは中香から強香で、レモンの香りが軽くのったフルーティーな香りです。
     ミックスボーダーなどに最適ですし、色合いはフォーカル・ポイントを作るのに使えます。
     1.5m x 1.5m、つるばらとして2.5m。「ファイティング・テメレア」は有名な造園画家で、水彩画家、版画家でもあるJMW・ターナーの1839年の砲艦の絵の作品から名付けられました。
     名前は2011年の春にイギリスのケント州マーゲイトにオープンする、ターナー・コンテンポラリー・ギャラリーにちなんで名づけられました
     ファイティング・テメレアを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:2011年|樹高:1.5m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:半八重咲き | 花色:アプリコット | 香り:中香(ティー系) | 樹勢:★★★★


  • フォールスタッフ Falstaff (イングリッシュローズ)

    フォールスタッフを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:1999年|樹高:1.7m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:カップ咲き | 花色:濃い赤や紫色 | 香り:強香(ダマスク系) | 樹勢:★★★


  • ブライス・スピリット Blythe Spirit (イングリッシュローズ)

     小さなカップ咲きのソフトイエローの花がとても自由に咲きます。
     耐病性があります。
     軽いムスクローズの香りです。
     ブライス・スピリットを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:1999年|樹高:1.2m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:丸弁咲き(中輪) | 花色:ソフトイエロー | 香り:中香(ティー系) | 樹勢:★★★


  • ブラザー・カドフィール Brother Cadfael (イングリッシュローズ)

     芍薬のような、大きな球形のクリア・ピンクの花が、形のよいシュラブにしっかりつきます。
     花と葉と樹形が素晴らしい品種です。
     二番花以降は少し花形が小さめになることがあります。
     いくとかのオールド・ローズのブルボン系品種にあるような、濃厚なオールド・ローズ香りがします。
     ディヴィッド・オースチン社ナーセリーのある地域を舞台とした、エリス・ピーターズ作の中世推理小説に登場する登場人物にちなんで命名された品種です。
     ブラザー・カドフィールを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:1990年|樹高:1.6m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:カップ咲き | 花色:クリアピンク | 香り:強香(ダマスク系にティー系) | 樹勢:★★★


  • プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント Princess Alexandra of Kent (イングリッシュローズ)

     非常に大きな温かく輝くピンクで、花弁数も多く、深いカップ形です。
     外弁が少し薄い色になります。
     大きな容姿にも関わらず、花形は不格好になりません。
     少し横に広がったシュラブを形成しますので、3本を一緒に植えると、樹形の面でも、花つきの面でも美しくなります。
     ティー系の香りなのですが、面白いことに花が咲き進むごとに、レモンの香りにかわってゆきます。
     クロフサグスリの香りも軽く乗ります。
     非常に丈夫な品種です。
     プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケントを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:2007年|樹高:1.4m | 樹形:木立 | 花形:ロゼット咲き | 花色:ピンク | 香り:強香(ダマスク系にティー系) | 樹勢:★★★★


  • プリンセス・アン Princess Anne (イングリッシュローズ)

     この品種は、新しいイングリッシュ・ローズのカテゴリーを作っていく品種になるかもしれないと思っております。
     花弁数の多い、魅力的なブッシュに育つイングリッシュ・ローズですが、違う趣も持つ品種です。
     例えば、初期にはほとんど赤にちかい花の色合いが、花の成熟とともに、ディープ・ピンクになっていき、花弁の下部には黄色っぽくなる部分があります。
     非常に長い期間かたまりになって咲き、春から霜の降りる冬近くまで、ほとんど絶え間なく咲いてくれます。
     葉は少し照りがはいり、深い緑で健康的です。
     コンパクトなブッシュ状の育ち方なので、フォーマルな花壇やインフォーマルな花壇どちらにも使えます。
     生垣にするにも良い品種だと思います。
     中程度の軽めのティー香りがします。
     私たちは、エリザベス2世第1王女の名前をこの品種の名前にいただけることを大変光栄に思っております。
     王女は身体障がい者のセラピーなどを行う慈善団体のパトロンをされており、2009年はその団体の40周年記念にあたりました。
     プリンセス・アンを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:2010年|樹高:1.2m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:八重咲き(中輪) | 花色:ディープピンク | 香り:強香(ダマスク系にティー系) | 樹勢:★★★


  • ペガサス Pegasus (イングリッシュローズ)

     このバラは、ぼたんのような濃いアプリコット・イエロー色の魅力的な花で、花びらの端は薄いクリーム色になっています。
     その成長は、弓なりになってティー・ローズのように葉が輝きます。
     とても丈夫な品種です。
     豊かなティー・ローズ香がします。
     つるばらとして育てるのに最適で、且つ切り花としても楽しめます。
     ペガサスを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:1995年|樹高:1.6m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:ロゼット咲き(中輪) | 花色:アプリコット | 香り:強香(ティー系) | 樹勢:★★★


  • ベンジャミン・ブリテン Benjamin Britten (イングリッシュローズ)

     イングリッシュ・ローズでは珍しい魅力的な赤に少しのオレンジ色が混ざる色をもつ品種です。
     深いカップ咲きの花は徐々に少しカップ咲きがかったロゼット咲きになってゆきます。
     この品種は、大抵のソフトな色調のイングリッシュ・ローズにハイライトを添えるのに役立ちます。
     中位の育ちかたで、美しい葉と共に密に茂ります。
     フルーツ香で、ワインや、洋ナシのようでもあります。
     著名な英国の指揮者、演奏家でもある作曲家の生涯と業績にちなんで命名された品種です。
     ベンジャミン・ブリテンを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:2001年|樹高:1.5m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:カップ咲き(中輪) | 花色:オレンジレッド | 香り:強香(ティー系にフルーツ系) | 樹勢:★★★★


  • ボスコベル Boscobel (イングリッシュローズ)

     深みのあるサーモンカラーの美しく整った花です。
     赤いつぼみに始まり、花開くと可愛らしいカップ咲きになり、次第に典型的なロゼット咲きへと変化していきます。
     数え切れないほどある小さな花びらは、色が混じり合い、とても安らぎのある雰囲気を醸し出します。
     さわやかなミルラの中香で、エルダーフラワー、洋ナシ、アーモンドがほのかに香る、
     サンザシのような香りです。
     濃いグリーンのツヤのある葉を持ちます。
     中型でまっすぐ育ち、勢い旺盛のとても丈夫なバラです。
     ボスコベルハウスは1632年に建てられ、現在イングリッシュ・ヘリテージ所有の建物です。
     イギリス市民戦争の間に、クロムウェルの率いる兵士によって、追い立てられたチャールズ2世が樫の木に身を隠したという話しが有名です。
     ボスコベルを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:2012年|樹高:1.0m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:ロゼット咲き(中大輪) | 花色:サーモンピンク | 香り:強香(フルーツ系とハーブ系) | 樹勢:★★★


  • ポート・サンライト Port Sunlight (イングリッシュローズ)

     中輪の花にリッチなアプリコットの花色です。
     平たいロゼット咲きで、真ん中が少しクオーターに分かれます。
     外側の花弁は少し反り返り、色が薄くなります。
     リッチなティー系の香りがあります。
     葉と若い枝はブロンズのような色になり、徐々にダークグリーンになってゆきます。
     成長は、大きく成長にますが、半直立性ですので、ミックス・ボーダーの後方に向きますし、他の植物との相性も抜群です。
     病気に強く、丈夫な品種。
     ウィラルにあるウィリアム・ヘスケンス・レヴァーによってつくられたモデル・ビレッジの名前にちなんで名づけられました。
     美しい、イングリッシュ・ローズのガーデンもあります。
     ポート・サンライトを楽天で検索
    |作出:英(デビッド・オースチン氏)|作出年月:2007年|樹高:1.2m | 樹形:シュラブ(半ツル性)| 花形:ロゼット咲き(中輪) | 花色:アプリコット | 香り:強香(ティー系) | 樹勢:★★★